滋賀銀行のフィスコ二期業績予想 – まぐまぐニュース!

Home » 09金融 » 滋賀銀行のフィスコ二期業績予想 – まぐまぐニュース!
09金融, 銀行貸出残高 コメントはまだありません




※この業績予想は2018年8月30日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

滋賀銀行

3ヶ月後
予想株価
580円

関西を代表する堅実経営の地銀。滋賀県内を中心に店舗数137。19.3期総預り資産5兆円、ROE5%以上目標。19.3期1Qは国債等債券売却益堅調で増収も、貸出金利息減少・資金調達費用増などで利益苦戦。

19.3期通期は、預金・貸出金残高拡大見込むも、貸出金利息減少による資金運用益縮小続く。記念配当確保。20.3期は株式・債券等売却益伸長、法人向け役務サービスの拡大など図る。株価はBOX圏で推移を予想。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/90,000/ー/19,000/13,000/49.93/8.50
20.3期連/F予/91,000/ー/19,500/13,300/51.09/7.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/08/30
執筆者:HY





コメントを残す