東京為替:ドル・円は反発、中国株高で円買い後退 – まぐまぐニュース!

Home » 09金融 » 東京為替:ドル・円は反発、中国株高で円買い後退 – まぐまぐニュース!
09金融, マネタリーベース コメントはまだありません




4日午前の東京外為市場でドル・円は反発。日本株の反落を受けた円買いでドルは値を下げたが、中国株高で円買いは後退し、ドルは朝方の高値を上抜けた。

ドル・円は111円台前半で寄り付いた後、日経平均株価の反落を受けた円買いで、110円台にいったん割り込んだ。ただ、上海総合指数が寄り付きからプラス圏で推移し、リスク回避的な円買いは後退した。ユーロ・ドルの弱含みも、ドルの押し上げ要因。

ただ、ランチタイムの日経平均先物は上昇分を削っており、日経平均株価は前日終値付近で不安定な値動き。また、上海総合指数もマイナスに転じている。新興国通貨安や貿易摩擦への懸念が続くなか、再び円買い地合いに戻る可能性もあろう。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円90銭から111円15銭、ユーロ・円は128円75銭から129円10銭、ユーロ・ドルは1.1595ドルから1.1621ドルで推移した。

【経済指標】
・日・8月マネタリーベース:前年比+6.9%(7月:+7.0%)
・豪・4-6月期経常収支:+135億豪ドル(予想:-110億豪ドル、1-3月期:+117億豪ドル←-105億豪ドル)





コメントを残す