報酬が高額なCEOランキング 1位は500億円超えで「貰い過ぎ」と批判 – ZUU online

Home » 09金融 » 報酬が高額なCEOランキング 1位は500億円超えで「貰い過ぎ」と批判 – ZUU online
09金融, マネーストック(通貨供給量) コメントはまだありません



2017年、役員報酬が最も高かった米企業のCEOは「Snapchat」で有名なSnap Inc.のエヴァン・シュピーゲルCEOで、5.04億ドルを稼いだ。2、3位は、ニューヨークを拠点とする大手投資会社KKR&Co.のスコット・ナットール共同社長とジョゼフ・バエ共同社長で、2億ドル以上を手にした。

イーロン・マスクCEOとサンダー・ピチャイCEOを除き、トップ10の顔ぶれは2016年からがらりと変わった。また両CEOの順位は逆転している。

ランキングはブルームバーグ が米上場企業の中で、米規制当局に申請された報酬データに基づき、役員報酬が高かったCEO100人を順位付けしたもの。報酬には、近年の給与、ボーナス、特典、ストックオプション、制限付株式、年金給付の価値の変動などが含まれる。

報酬が高い米CEOトップ10

10位 トニー・レスラー(Ares Management) 1.08億ドル
9位 ヘンリー・クラヴィス(KKR&Co.)1.21億ドル
8位 ジョージ・ロバーツ(KKR&Co.) 1.21億ドル
7位 スティーブン・シュワルツマン(Blackstone Group) 1.25億ドル
6位 ロブ・ロイ(Switch Inc.) 1.43億ドル
5位 サンダー・ピチャイ(Alphabet Inc.) 1.44億ドル
4位 イーロン・マスク(Tesla Inc.) 1.50億ドル
3位 ジョゼフ・バエ(KKR&Co.) 2.13億ドル
2位 スコット・ナットール(KKR&Co.) 2.13億ドル
1位 エヴァン・シュピーゲルCEO(Snap Inc.) 5.04億ドル

シュピーゲルCEOの報酬は高過ぎる?

Snap Inc.の共同設立者であるシュピーゲルCEOは、同社の上場が高額な報酬につながった。しかし上場以降の同社のパフォーマンスと報酬が釣り合うかについては疑問が残る。

2017年3月2日、 ニューヨーク証券取引所に上場したSnap Inc.は、初日に株価が44%高騰するなど好調な滑り出しを見せたものの、翌日の29.44ドルをピークに下降。

同年5月の決算報告では売上高が予想に届かず、ユーザー数も減っていることが明らかになった(Recode.net2017年11月7日付記事 )。2017年7月10日には16.95ドルと上場価格を初めて割り込んだ(CNBC2017年7月10日付記事)。

その後も元社員に数字の水増し疑惑で訴えられる、ユーザー数増加を狙って導入した新デザインが逆にユーザー離れを加速させるなど、トラブルが続く。2018年5月には10.5ドル前後まで落ち込んだ。「Snapバブルの崩壊間近?」 と報じられながらも、7月3日現在は13ドル台まで持ち直しているが、今後の行方が気になるところだ。

こうした状況を考慮し、「シュピーゲルCEOの報酬は高額過ぎる」という批判も出ている。同様の調査を実施した米ビジネス・ソリューション企業Equilarの代表者ダン・マルセック氏は、「これほどの規模の報酬が支払われるのは稀」と、フィナンシャルタイムズでコメントした(ビジネス・インサイダー2018年2月23日付記事 )。

4人のエクゼクティブがトップ10入りしたKKR & Co.

2、3位を筆頭に、KKR&Co.(コールバーグ・クラビス・ロバーツ)からは4人のエクゼクティブがトップ10入り。ナットール社長とバエ社長は同社の「世代交代準備」にともない、社長に昇格した。共同設立者兼共同CEOであるロバート氏とクラヴィス氏は8、9位となった。

4人のエクゼクティブはKKR&Coが上場した2010年以降、同社の株主となっている。ナットール社長とバエ社長の報酬は、株価が2022年末までに10日間連続して40ドルを超えた場合にのみ確定するそうだ。

「長期業績報酬体制」を導入したマスクCEO、隔年報酬のピチャイCEO

Tesla Inc.のマスクCEOの年棒は約3.7万ドルと意外なほど低いが、賞与やストックオプションによる収入が大きい。

2012年、Tesla527万株を購入した際、 業績ベースの報酬体制を導入したが、2018年1月には、「長期業績報酬体制」に移行すると発表 。今後10年間で時価総額を現在の6000億ドルから6500億ドルに成長させ、さらに収益および利益目標を達成した場合にのみに、マスクCEOは報酬を受けとれるという条件だ。結果次第では何十億ドルという報酬を手にするチャンスであると同時に、無償で10年間働くリスクも含んでいる。

Alphabet Inc.のピチャイCEOは2016年、9桁台の隔年報酬を授与された。この報酬は4年間にわたり支払われる予定だ。

女性CEOはトップ10入りせず

前回のランキングでトップ10入りしたCEOのほとんどは、圏外へと姿を消した。役員報酬総額2.36億ドルで首位となったウォルマートストアーズのマーク・ロリーCEO、1.50億ドルで2位だったAppleのティム・クックCEO、1.23億ドルで3位だったエバーコア・パートナーズのジョン・ウェインバーグCEOなどだ。

また今回トップ10入りしたCEOは全て男性で 、前回 唯一女性CEOとしてランクインしたInternational Business Machinesのヴァージニア・ロメッティCEOも、トップ10入りを果たせなかった。2017年は4820万ドル稼いだオラクルのサフラ・キャッツCEOが33位で、最も稼いだ女性CEOとなった。

米大手企業のCEOが「一般従業員の100〜300倍の報酬」を受けとっていると報じられており、公平性に関する議論は絶えない。しかし報酬コンサルティング企業Pearl Meyerのシニア・マネージング・ディレクター、ジャン・コース氏は「数十億ドル規模の国際企業を経営できる人は一握りしかいない」とし、「それができるなら、巨額の富が転がり込んでくる」と語った(ブルームバーグ2018年3月10日付記事 )。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)





コメントを残す