欧州株:5日ぶり下落、一時の上げ消す-銀行など景気敏感株に売り – ブルームバーグ

Home » 09金融 » 欧州株:5日ぶり下落、一時の上げ消す-銀行など景気敏感株に売り – ブルームバーグ
09金融, マネーストック(通貨供給量) コメントはまだありません



3日の欧州株式相場は5営業日ぶりに下落。1-3月期に四半期ベースで2014年以降で最長の上げとなったことを見極める動きが強まり、景気敏感株を中心に売られた。

  指標のストックス欧州600指数は前週末比0.5%安の379.29で終了。一時は0.4%上げていた。業種別では、銀行株の下げが最もきつく、自動車と保険株がこれに続いた。これら銘柄は世界的な景気拡大への期待から、昨年11月以降買われてきた。ストックス600指数は前週末に2015年12月以来の高値を付けた。

  アクセンド・マーケッツのアナリスト、マイク・ファンデュルケン氏はリポートで、トランプ米大統領と習近平中国国家主席の会談を控え、「新たな四半期に入ったトランプ大統領の通商政策の検証と、楽観と勢いが十分維持されるかどうかが今週は全てだ」と語った。

  ドイツのDAX指数は0.5%下落。一時、0.5%上昇し2015年に付けた終値ベースの過去最高値を上回る場面もあった。

原題:European Stocks End Four-Day Advance as Bank Shares Lead Losses(抜粋)



最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE



コメントを残す