今日の株式見通し=上値重い、週後半のイベント控え様子見姿勢| ロイター – ロイター

Home » 09金融 » 今日の株式見通し=上値重い、週後半のイベント控え様子見姿勢| ロイター – ロイター
09金融, マネタリーベース コメントはまだありません



[東京 4日 ロイター] – きょうの東京株式市場で日経平均株価は、上値の重い展開が見込まれる。前日の米国株が小幅安、円相場も強含みで外部環境はさえない。週末にかけてイベントが多く、投資家の多くは様子見姿勢となりそうだ。売買高が膨らみにくい中、日中は為替動向をにらみ一進一退の展開が予想される。

日経平均の予想レンジは1万8800円─1万9100円。

前日の米国株市場は、トランプ政権の政策運営能力に対する懸念に加え、ロシア・サンクトペテルブルクの地下鉄爆発事件が市場の不安を誘い主要3指数が小幅に下落した。為替は1ドル110円台後半と円高に傾いている。シカゴの日経平均先物6月限(円建て)清算値は1万8985円、大阪取引所の夜間取引終値は1万8990円と小動きだったが、東京市場では外部環境の悪化を嫌気して、若干売りが先行しそうだ。

日経平均1万9000円割れの水準では押し目買いも入りやすいが、上値を買い上がる材料は乏しい。市場では「米中首脳会談や米雇用統計など週末にかけてイベントが多く、様子見にならざるを得ない。国内機関投資家は引き続き売れるものは売っておくというスタンスであり、上値は重そうだ」(東洋証券ストラテジストの大塚竜太氏)との声が出ている。

主なスケジュールは、3月日銀短観・企業の物価見通し、3月マネタリーベース(日銀)が発表される。海外では2月米貿易収支、2月米製造業新規受注などが発表される。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      18983.23 19668.01 18650.33

+73.97 2017年3月2日 2017年1月18日





コメントを残す