9月の銀行貸出残高、前年比3.0%増 伸び率は縮小 – 日本経済新聞

Home » 09金融 » 9月の銀行貸出残高、前年比3.0%増 伸び率は縮小 – 日本経済新聞
09金融, 銀行貸出残高 コメントはまだありません

 日銀が12日発表した9月の貸出預金動向(速報)によると、全国の銀行(都市銀行、地方銀行、第二地方銀行)の貸出平均残高は前年同月比3.0%増の449兆3893億円だった。前年同月を上回るのは72カ月連続。伸び率は前月(3.2%増)を0.2ポイント下回った。伸び率鈍化の背景は「去年は夏ごろからM&A(合併・買収)関連の貸し出しが急増し、大口案件もあったが、今年は大口がなかった」(金融機構局)という。銀行に信金を加えた貸出平均残高は同3.0%増の516兆8103億円となった。伸び率は前月(3.2%増)から0.2ポイント低下した。

 業態別では、都市銀行は同2.3%増の210兆5675億円で、伸び率は前月(2.8%増)から0.5ポイント縮小し、3月(2.3%増)以来6カ月ぶりの低水準となった。都銀の伸び率はM&A関連の貸し出しに影響されやすく、M&Aの実行のタイミングによって変化しやすい。地方銀行と第二地方銀行の貸出平均残高は合計で同3.6%増の238兆8218億円で、伸び率は前月から横ばいだった。

 手形や小切手を除き、譲渡性預金を含む預金平均残高は都銀、地銀、第二地銀を合わせて前年同月比4.5%増の685兆584億円だった。伸び率は前月(4.4%増)を0.1ポイント上回った。法人、個人ともに預金増加の傾向に変化はないという。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

コメントを残す