2日の株式相場見通し=米アップルの決算を好感し買い先行のスタート … – minkabu PRESS

Home » 09金融 » 2日の株式相場見通し=米アップルの決算を好感し買い先行のスタート … – minkabu PRESS
09金融, マネタリーベース コメントはまだありません



 2日の東京株式市場は、4~6月期決算の内容が良好な銘柄を中心に買い進む動きが継続しそうだ。前日の米株式市場で、NYダウ平均株価が6日続伸し5日続けて過去最高値を更新したことに加え、好決算を発表した米アップルの株価が時間外取引で上昇していることから、電子部品株などを中心に買いが集まりそうだ。2日早朝の東京外国為替市場では、1ドル=110円30銭台での推移となっている。

 1日の米株式市場では、NYダウ平均株価が前日比72.80ドル高の2万1963.92ドルと6日続伸し、5日続けて過去最高値を更新した。米主要企業の4~6月期決算発表がピークを迎えるなか、好内容の業績発表が相次いでいることが買い安心感につながっているようだ。この日は、ゴールドマン・サックスやJPモルガン・チェースなどの金融株が買われた。ナスダック総合株価指数は、前日比14.815ポイント高の6362.938と4日ぶりに反発した。

 日程面では、7月の消費動向調査、7月のマネタリーベースに注目。海外では、ASEAN関連会合(8日まで)、米7月のADP雇用統計が焦点となる。(冨田康夫)

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)



minkabuPRESS



コメントを残す