米FRB公定歩合、9連銀が6月に引き上げ主張=議事要旨| ロイター – ロイター

Home » 09金融 » 米FRB公定歩合、9連銀が6月に引き上げ主張=議事要旨| ロイター – ロイター
09金融, 公定歩合 コメントはまだありません



[ワシントン 11日 ロイター] – 米連邦準備理事会(FRB)が公表した公定歩合会合の議事要旨によると、6月13─14日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に、12地区連銀中9連銀が引き上げを求めていたことが分かった。

FRBは6月会合で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を25ベーシスポイント(bp)引き上げ、公定歩合も1.75%に引き上げた。

公定歩合を1.5%に据え置くよう主張したのは、ミネアポリス、セントルイス、ニューヨークの3連銀のみ。

公定歩合の引き上げを主張した連銀からは、労働市場の引き締まりが「時間とともに物価圧力の押し上げに寄与する公算が大きい」との指摘が上がった。





コメントを残す