ベトナム中銀が予想外の利下げ、信用リスク高める可能性も – ブルームバーグ

Home » 09金融 » ベトナム中銀が予想外の利下げ、信用リスク高める可能性も – ブルームバーグ
09金融, 公定歩合 コメントはまだありません

ベトナム国家銀行(中央銀行)が7日遅く、3年ぶりの利下げを発表した。政策金利の引き下げは予想外で、国内経済の成長を支える可能性があるものの、不良債権に苦しむベトナムの信用リスクを高めることになる。

  同中銀のウェブサイトによれば、レファレンス金利は10日に0.25ポイント引き下げられ6.25%となった。公定歩合も4.25%と、これまでの4.5%から引き下げられた。

  ベトナム投資開発銀行の財務責任者ド・ゴック・クイン氏(ハノイ在勤)は「今回の利下げで企業と個人がより安価に借り入れできるようになり、融資需要刺激と消費支援に寄与するだろう」と指摘。その上で、「ベトナム企業は依然として銀行融資に大きく依存している。不良債権増加を回避するため、融資がどのように利用されるのか留意する必要がある」と述べた。

原題:Vietnam’s Rate Cut May Spur Growth Amid Credit Worries (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE

コメントを残す