消費税増税がどれほど間違っているか検討してみる – BLOGOS

Home » 08物価 » 消費税増税がどれほど間違っているか検討してみる – BLOGOS
08物価, 消費者物価指数 コメントはまだありません



安倍首相が消費税を、2019年10月に10%に引き上げることを表明しました。

「安倍総理、来年10月の消費税10%へ引き上げ表明」

消費税を来年10月に10%へ引き上げ表明、景気対策を指示。臨時閣議で安倍総理大臣。

http://news.livedoor.com/article/detail/15447210/

景気は改善しつつありますが、財政逼迫を改善するために、やむなしと言われています。

しかし、同時に消費税増税は景気に打撃を与えます。いろいろ「クレジットカード使用時のポイント付保」とか、「本気かいな」と思うような対策も出ていますが、どう頑張っても打撃与えるでしょう。

■過去の増税で何が起きたのか?

内閣府が長期経済統計を出しています。

「平成30年度 年次経済財政報告 長期経済統計 物価」

http://www5.cao.go.jp/j-j/wp/wp-je18/h11_data05.html

消費者物価指数の前年度比増減率を抜き出してみましょう。(2018は3月までの数値)

年度 1985 1986 1987 1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995
前年度比 2.0 0.6 0.1 0.7 2.3 3.1 3.3 1.6 1.3 0.7 -0.1
年度 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006
前年度比 0.1 1.8 0.6 -0.3 -0.7 -0.7 -0.9 -0.3 0.0 -0.3 0.3
年度 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018
前年度比 0.0 1.4 -1.4 -0.7 -0.3 0.0 0.4 2.7 0.8 -0.1 0.5 1.3

ざっくり言うと、プラスがインフレですから好景気。0に近いほど不景気。マイナスがデフレなので超不景気です。

グラフにするとわかりやすいですね。3%導入時はバブル経済まっさかり。消費税導入によって直に影響が出ていないのはこの時だけです。どれだけバブル経済が凄かったかわかりますね。

91年から転げ落ちた日本経済は、ようやく96年に回復の兆しが見えてきます。ところがその翌年に消費税5%導入。致命的な衝撃となり10年に及ぶ大不況に入ってしまいます。この時は他にもアジア通貨危機とか様々な要因が重なっており、最悪のタイミングでした。

08年、なんとかかんとか復活してきた日本経済を、今度はリーマンショックが襲います。復活の先を折ったと言うべきか、低迷していた時にやられたらもっと大変だったとポジティブに考えるべきか。とにかくこれでまたマイナスに落ち込んでしまいます。

そして2014年。ようやくプラスになったところで、またも8%に増税。マイナスに落ちてしまいます。

で、2019年。またまた景気が上向いてきたところで10%にしようとしているわけですね。もう「わざとじゃないのか」と思いたくなるほど、経済が復活しようとするタイミングで消費税を上げて、景気回復を妨害してきたのです。





コメントを残す