米金融・債券市場=利回り上昇、経済指標堅調でFRB利上げ継続との見方 – ロイター

Home » 08物価 » 米金融・債券市場=利回り上昇、経済指標堅調でFRB利上げ継続との見方 – ロイター
08物価, 企業向けサービス価格指数 コメントはまだありません



 [ニューヨーク 3日 ロイター] - 米東部時間 価格 利回り コード 30年債(指標銘 15時52分 94*06.50 3.3068% 柄) 前営業日終値 96*01.00 3.2070% 10年債(指標銘柄 15時52分 97*20.50 3.1549% ) 前営業日終値 98*15.00 3.0560% 5年債(指標銘柄 15時52分 99*10.75 3.0193% ) 前営業日終値 99*22.00 2.9430% 2年債(指標銘柄 15時16分 99*25.50 2.8557% ) 前営業日終値 99*28.00 2.8150% 清算値 前日終値 コード Tボンド先物12月 138*16.00 140*16.00 限 Tノート先物12月 118*04.00 118*26.00 限 米金融・債券市場では、一連の米経済指標が堅調だったことで、連
邦準備理事会(FRB)が今年12月に利上げを実施し、それ以降も利
上げを継続するとの見方が裏付けられたことを背景に国債利回りが上昇
し、10年債利回りは2014年以来の高水準を付けた。 朝方発表された経済指標では、米供給管理協会(ISM)の9月の
非製造業総合指数(NMI)が61.6と、前月の58.5から上昇し
、1997年8月以来の高水準を記録。このほか、企業向け給与計算サ
ービスのオートマチック・データ・プロセッシング(ADP)とムーデ
ィーズ・アナリティクスが発表した9月の全米雇用報告では民間部門雇
用者数が23万人増となり、市場予想の18万5000人を上回った。 こうした中、米10年債利回りのこの日の上昇は16
年11月の米大統領選挙以来の大きさとなる見通し。コロンビア・スレ
ッドニードル・インベストメンツのシニアポートフォリオマネジャー、
ジーン・タヌッツォ氏は「米経済指標に対する反応としては、まれに見
る大きさだった」と述べた。 経済指標が好調だったことで、FRBが12月に追加利上げに動き
、その後も引き締めを継続する公算が大きくなった。FRBは前週の連
邦公開市場委員会(FOMC)で今年3回目となる利上げを決定。パウ
エルFRB議長は前日、米経済見通しは「際立って良好」とし、低水準
の失業率に伴う物価上昇に備え、段階的な利上げの継続が適切との見解
を示している。このほかこの日は、今年のFOMCで投票権を持つメン
バーの中で最もハト派的な考えを持つ1人とみなされているシカゴ地区
連銀のエバンズ総裁が、米国の金利が上向きの軌道に乗っていることは
極めて明白との考えを示した。 30年債利回りは3.342%と、約12.5ベーシ
スポイント(bp)上昇し、14年9月以来の高水準を付けた。 10年債利回りは3.179%と、約12bp上昇。
2年債利回りが2.868%と、08年6月以来の高水準を
付けたほか、3年債利回りは07年12月、5年債US5YT=R
R利回りは08年10月以来の高水準を付けた。 <ドル・スワップ・スプレッド> DOLLAR SWAP SPREADS Last (bps) Net Change (bps) U.S. 2-year dollar swap spread 16.25 -0.75 U.S. 3-year dollar swap spread 14.75 -1.00 U.S. 5-year dollar swap spread 10.75 -0.75 U.S. 10-year dollar swap spread 4.25 -1.00 U.S. 30-year dollar swap spread -9.25 -1.00 (ーからご覧ください)





コメントを残す