【市況】後場に注目すべき3つのポイント~出遅れ銘柄、セクターに対する水準訂正の動き – 株探ニュース

Home » 08物価 » 【市況】後場に注目すべき3つのポイント~出遅れ銘柄、セクターに対する水準訂正の動き – 株探ニュース
08物価, 国内企業物価指数 コメントはまだありません



日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

24日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は3営業日ぶり反発、出遅れ銘柄、セクターに対する水準訂正の動き
・ドル・円は伸び悩み、米金利にらみの展開
・値上がり寄与トップはファーストリテ<9983>、同2位はファナック<6954>

■日経平均は3営業日ぶり反発、出遅れ銘柄、セクターに対する水準訂正の動き

日経平均は3営業日ぶり反発。148.49円高の22236.53円(出来高概算7億3000万株)で前場の取引を終えた。23日の米国市場は長期金利の上昇に対する警戒感から下落しているが、為替市場では1ドル108円台後半へと円安基調が強まっていることが材料視されている。また、22200円を回復して始まり、上値抵抗として意識されている75日線を超えてきたことも、センチメントを明るくさせている。ただ、本格化する決算を前に積極的な上値追いは限られ、日経平均は100円程度の狭いレンジ取引が続いている。

セクターでは長期金利の上昇を背景に銀行が上昇率トップ。不動産、機械、海運、石油石炭、保険、輸送用機器、ガラス土石、電力ガス、その他金融、空運が1%を超える上昇。一方で、非鉄金属、水産農林が下落。売買代金上位ではメガバンク3行のほか、マネックスG<8698>、ソニー<6758>、トヨタ<7203>、コマツ<6301>、ファーストリテ<9983>、ファナック<6954>、東エレク<8035>が堅調。一方で、任天堂<7974>が下げに転じているほか、ソフトバンクG<9984>、武田<4502>がさえない。東証1部の騰落銘柄は値上がり数が1400を超えており、全体の7割を占めている。

日経平均は5日線を支持線に下値を切り上げるなか、心理的な抵抗だった75日線を捉えており、センチメントを明るくさせている。ただ、米国ではアルファベットの決算がコンセンサスを上回ったものの市場反応はまちまちであり、今後発表される決算を見極める必要がある。また、国内についても決算発表が本格化するため、インデックスに絡んだ売買以外は積極的な資金流入は期待しづらいところであろう。長期金利の上昇を受けて銀行株が物色されているが、相対的に出遅れているセクターであり、リバランスの流れにあるだろう。

ただ、4月以降、海外勢の需給動向に変化が見られており、下値を売る流れにはなり難い面はある。積極的な上値追いは限られるものの、出遅れ感のある銘柄やセクターには水準訂正の動きを狙った値幅取り狙いの資金が向かいやすいだろう。

(株式部長・アナリスト 村瀬智一)

■ドル・円は伸び悩み、米金利にらみの展開

24日午前の東京市場で、ドル・円は伸び悩み。2カ月ぶりの高値圏に水準を切り上げたが、米金利の失速でドルは上昇後にやや値を下げた。

ドル・円は前日NY市場で108円後半に水準を切り上げ、本日アジア市場もその流れを受けついている。日経平均株価が堅調地合いを背景に、ドル・円は108円後半を中心とした値動きとなった。

足元では米10年債利回りの低下が続き、ドル買いは後退。ただ、ランチタイムの日経平均先物は堅調地合いで推移し、目先の日本株高継続を期待した円売りに振れやすく、米金利が上昇基調となればドル買い再開となりそうだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円67銭から108円87銭、ユーロ・円は132円63銭から132円83銭、ユーロ・ドルは、1.2185ドルから1.2211ドルで推移した。

(為替・債券アナリスト 吉池威)

■後場のチェック銘柄

・Jストリーム<4308>、大和自交<9082>など3銘柄がストップ高
※一時ストップ高・安(気配値)を含みます

・値上がり寄与トップはファーストリテ<9983>、同2位はファナック<6954>

■経済指標・要人発言

・日・3月企業向けサービス価格指数:前年比+0.5%(予想:+0.5%、2月:+0.7%←+0.
6%)
・豪・1-3月期消費者物価指数:前年比+1.9%(予想:+2.0%、10-12月期:+1.9%)

☆後場の注目スケジュール☆

<国内>
・14:00 2月景気動向指数・先行改定値(速報値:105.8)

<海外>
特になし

《DM》

 提供:フィスコ





コメントを残す