【市況】明日の株式相場見通し=下値固めから自律反発、ディフェンシブ銘柄に関心 – 株探ニュース

Home » 08物価 » 【市況】明日の株式相場見通し=下値固めから自律反発、ディフェンシブ銘柄に関心 – 株探ニュース
08物価, 消費者物価指数 コメントはまだありません



日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

 あす(4日)の東京株式市場は、下落幅を徐々に縮小するきょうの日経平均株価の流れを引き継いで、買い優勢の展開で自律反発の推移となりそうだ。

 市場関係者からは「前日の米株式市場でNYダウ平均株価が400ドルを超える急落となり、外国為替市場でも円高・ドル安が進行したことを受け、日経平均株価は寄り付き直後に、前日比332円安まで売り込まれる場面があった。ただ、2万1000円台という心理的なフシ目を割り込まなかったこともあり、資生堂<4911>、中外製薬<4519>、花王<4452>といったディフェンシブ銘柄を中心に、徐々に買いが入る展開となった」との見方が出ていた。

 3日の東京株式市場は、前日の米国株市場の急落を受けて続落。ただ、日経平均は一時300円以上下げたものの、その後は一貫して下げ渋る推移なった。日経平均株価は、前日比96円29銭安の2万1292円29銭と続落した。

 日程面では、継続課金の販売・管理プラットフォームを提供するビープラッツ<4381>が東証マザーズ市場に新規上場する。このほかに、2日時点の給油所の石油製品価格に注目。海外では、米3月のADP雇用統計、米3月のISM非製造業景況指数、ユーロ圏3月の消費者物価指数が焦点となる。(冨田康夫)

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)





コメントを残す