ECBのマイナス金利政策が「奇妙」な理由 – ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

Home » 08物価 » ECBのマイナス金利政策が「奇妙」な理由 – ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
08物価, 消費者物価指数 コメントはまだありません



――WSJの人気コラム「ハード・オン・ザ・ストリート」

***

 欧州中央銀行(ECB)は量的緩和のアクセルから足を離し、4月から債券買い入れ額を月次800億ユーロから600億ユーロに減らす一方で、マイナス金利についてはペダルを踏み続けている。そして、この政策はますます奇妙なものに見えるようになっている。

 確かに、ECBは金融緩和政策の解除を急いでいない。3月31日に発表された3月のユーロ圏消費者物価指数(CPI)(速報値)は前年同月比1.5%の上昇と、上昇率が2月の2%…





コメントを残す