【NY外為】ドルは上昇分をほぼ失う-NAFTA交渉の動き受け – Bloomberg – ブルームバーグ

Home » 08物価 » 【NY外為】ドルは上昇分をほぼ失う-NAFTA交渉の動き受け – Bloomberg – ブルームバーグ
08物価, 国内企業物価指数 コメントはまだありません



17日のニューヨーク外国為替市場では、午後に入りドルがこの日の高値を離れ、上げ幅をほぼ失う展開。北米自由貿易協定(NAFTA)を巡る交渉に市場が反応し、カナダ・ドルとメキシコ・ペソも大きく動いた。

  ドルはなお主要10通貨のほぼ全てに対して値上がり。カナダ・ドルとペソはNAFTAに関する報道に反応して一時急落したが、その後は値を戻した。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は小幅高。一時0.4%上昇し、6日以来の高水準に達した。ユーロは総じて軟調。スペイン・カタルーニャ自治州を巡る懸念が引き続き重しとなっている。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.1%未満上昇。ドルは対円でほぼ変わらずの1ドル=112円20銭。対ユーロでは0.3%高の1ユーロ=1.1766ドル。

  米ドルはカナダ・ドルに対して一時1.2591カナダ・ドルに上昇。米国が提示したNAFTA案をカナダとメキシコが拒否したとの、米経済専門局CNBCの報道に反応した。その後、NAFTAの交渉担当が共同声明で期限を2017年末から延長すると明らかにしたことを手掛かりに上げを大きく縮めた。

  ドルは対ペソでは一時6月5日以降で最大の下げとなり、18.7500ペソを割り込んだ。午前中には19.1518ペソに達する場面もあった。

  朝方のドルは堅調な米経済指標にも支えられて上昇した。

  市場は引き続き米連邦準備制度理事会(FRB)議長人事やスペイン情勢を見極めようとしており、取引はあまり活発ではなかった。トランプ大統領は、11日間のアジア・ハワイ歴訪へ11月3日に出発する前にFRB議長候補を指名する予定だと、このプロセスに詳しい関係者が明らかにした。

欧州時間の取引

  ユーロは欧州時間も軟調。ドイツの欧州経済研究センター(ZEW)がまとめた10月の独景況感指数統計で期待指数が市場予想を下回ったほか、ユーロ圏の消費者物価指数(CPI)がユーロの強気派に前向きなサプライズをもたらさなかったことは、ユーロへの下押し圧力が続いたことを意味している。

  スペインのラホイ首相はカタルーニャ自治州に対し、独立を宣言したのかどうかを19日までに明確にするよう求めており、市場はこの期限に注目している。

原題:Dollar Retreats as Loonie, Mexican Peso Swing on Nafta News(抜粋)
原題:USD Rises on Fed Chair Speculation as GBP Steadies: Inside G-10(抜粋)



最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE



コメントを残す