ホワイトハウス、安価な鉄鋼輸入への対処方法で意見分かれる-関係者 … – ブルームバーグ

Home » 08物価 » ホワイトハウス、安価な鉄鋼輸入への対処方法で意見分かれる-関係者 … – ブルームバーグ
08物価, 消費者物価指数 コメントはまだありません

海外からの安価な鉄鋼の輸入に対する対応策を巡り、ホワイトハウス内で意見が分かれている。議論に関して説明を受けた業界関係者2人が明らかにした。

  鉄鋼輸入が米国の安全保障に脅威をもたらす可能性に関し、商務省が通商拡大法232条に基づく調査結果の発表に向けて準備を進める中、ロス商務長官は新たな関税導入や割り当ての設定、あるいは両方の組み合わせをトランプ大統領に提言する可能性を示していた。

  匿名を条件に話した関係者によれば、ホワイトハウス当局者は鉄鋼輸入への関税を単に引き上げる、または外国製の鉄鋼輸入が上限に達した場合、購入者に関税を追加で支払うよう義務付ける混合モデルを選択した場合のメリットについて議論している。決定はまだ下されていないという。

  商務省は16日に予定していた鉄鋼の調査に関する上院財政委員会と下院歳入委員会へのブリーフィングを取りやめた。同省の報道官に電子メールでコメントを求めたが、今のところ返信はない。

原題:White House Said Divided on How to Deal With Cheap Steel Imports(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE

コメントを残す