日米の物品貿易協定、交渉入りを「評価」45% – 日本経済新聞

Home » 07貿易 » 日米の物品貿易協定、交渉入りを「評価」45% – 日本経済新聞
07貿易, 輸出・輸入 コメントはまだありません



日本経済新聞社の緊急世論調査で、9月の日米首脳会談で安倍晋三首相とトランプ米大統領が農産品などの関税に関する交渉を始めると合意したことについて聞いたところ「評価する」が45%だった。「評価しない」の36%を上回った。

9月の首脳会談ではモノの輸出入にかかる関税の引き下げや撤廃について定める物品…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。





コメントを残す