米、輸入数量制限を乱発 対日協議の懸念材料に – 日本経済新聞

Home » 07貿易 » 米、輸入数量制限を乱発 対日協議の懸念材料に – 日本経済新聞
07貿易, 輸出・輸入 コメントはまだありません



 【ワシントン=河浪武史】トランプ米政権が貿易相手国に、鉄鋼や自動車の輸入数量制限を乱発している。メキシコとは乗用車の対米輸出が240万台を超えれば高関税を課す数量規制で合意。各社に無税の輸入枠が割り当てられる仕組みで、日本勢が不利になる恐れがある。韓国やブラジルは鉄鋼の輸出数量制限を受け入れた。数量規制は国際競争をゆがめる弊害が大きく、日本との協議でも懸念材料となる。

 8月末に米国とメキシコで大…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!





コメントを残す