米国休場で方向感が出ない 22600-22900のレンジ あすなろ投資顧問 加藤あきら – minkabu PRESS

Home » 07貿易 » 米国休場で方向感が出ない 22600-22900のレンジ あすなろ投資顧問 加藤あきら – minkabu PRESS
07貿易, 外貨準備高 コメントはまだありません



●先週末のNY株式市場3連休を前に小動き。週明け月曜日がレーバーデーの祝日で商いが手控えらる。朝方発表された8月の米シカゴ購買部協会景気指数や8月の米消費者態度指数確報は予想を上回ったが材料視されなかった。この日が期限だった米国とカナダの北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉が合意に至らず、ダウは一時107ドル安まで下げ幅を拡大する場面があったが、米通商代表部(USTR)がカナダとの協議を建設的だったとし、9月5日に再協議することからダウは下げ幅を縮小。一方、時価総額1位と2位のアップルとアマゾンがともに続伸し、ナスダック指数とS&P500種指数は小幅なが反発した。

□ダウ工業株  25964.82(- 22.10)▼0.09%
□ナスダック   8109.54(+ 21.17)+0.26%
□S&P500  2901.52(+  0.39)+0.01%

●本日の日経平均は米国休場で方向感が出ないと読む。CME日経平均先物の終値は2万2820円で、先週末の東京市場の日経平均終値2万2865円と比べ45円安い水準。先週末の大阪取引所の日経平均先物(夜間取引)終値は2万2840円。

●日経平均株価と上下の節目
───────────
●2万2865円 先週末終値
 2万2839円 5日線
 2万2820円 CME日経平均先物
 2万2602円 窓下限(8月24日高値)
 2万2542円 一目転換線

●今週の主な予定 

3日(月)
中国財新製造業PMI(8月)
トルコ消費者物価指数(8月)
シカゴ連銀総裁、講演
米株式・債券・為替市場はレーバーデー祝日で休場

4日(火)
豪中銀政策金利
南アフリカGDP(第2四半期)
米自動車販売(9月)
米ISM製造業景況指数(8月)
シカゴ連銀総裁、講演

5日(水)
豪GDP(第2四半期)
マレーシア中銀政策金利
米貿易収支(7月)
ミネアポリス連銀総裁、講演

6日(木)
片岡日銀審議委員、講演
米製造業新規受注(7月)
米ADP雇用者数(8月)
米ISM非製造業景況指数(8月)
NY連銀総裁、講演
2000億ドル規模の対中関税発動
米国とカナダがNAFTA再交渉を再開

7日(金)
自民党総裁選告示
中国外貨準備高(8月)
米雇用統計(8月)
ダラス連銀総裁、講演
ボストン連銀総裁、講演
クリーブランド連銀総裁、講演

8日(土)
中国貿易収支(8月)

9日(日)
北朝鮮、建国70周年

※予定は変更することがあります





コメントを残す