NTTデータ、貿易手続効率化にブロックチェーン活用 – MATERIAL FLOW+

Home » 07貿易 » NTTデータ、貿易手続効率化にブロックチェーン活用 – MATERIAL FLOW+
07貿易, 輸出・輸入 コメントはまだありません



NTTデータ、貿易手続効率化にブロックチェーン活用

2018/08/23

(株)NTTデータは8月23日、7月に国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が実施する「IoTを活用した新産業モデル創出基盤整備事業」の一環である「IoT技術を活用した新たなサプライチェーン情報共有システムの開発」の委託先に選定されたと発表した。

同実証事業は2018年度中にブロックチェーンを活用した貿易情報連携基盤システムの構築および北米やアジア向けコンテナ輸出を対象とした港湾での実証と効果検証を行うことで、電子化されていない事業者を含む貿易手続きに関わる事業者(輸出入者・フォワーダー・通関業・陸運業・ターミナルオペレーター・船会社・銀行・保険等)の生産性向上と輸出リードタイムの短縮に寄与することを目的としている。

同社は2016年に国内初となる貿易分野にブロックチェーン技術を適用した実証実験や、ブロックチェーン技術を活用した貿易情報連携基盤の実現に向けた検討と実証実験を実施するための貿易手続きに関わる事業者である輸出入者・船会社・銀行・保険等の大手企業による貿易コンソーシアムを発足させ活動を行ってきた実績を持つ。

さらにこれまでの取り組みに加えて、中堅・中小企業等を含む関係事業者で貨物や手続き等に関するデータを共有する実証事業を提案した結果、NEDOより委託先として選定された。

今後は同コンソーシアム活動と同実証事業との相乗効果により、官民連携でのグローバルサプライチェーンにおける貿易手続きの効率化に向けて、2019年度中の貿易情報連携基盤の社会実装を目指す。

●実証事業の特長

(1)貿易情報連携基盤システム 

ブロックチェーンを活用したデータ連携システムを構築する。輸出入者・フォワーダー・通関業・陸運業・ターミナルオペレーター・船会社・銀行・保険等を含めた貿易手続きに関わる事業者間で、貨物や手続きなどに関する正確なデータをセキュリティーが担保された形で共有できる仕組みを提供する。

(2)システム連携を容易にするAPI等の提供 

自社システムを保有する事業者向けに、自社システムとの連携を容易にする、使いやすいAPIを提供する。また、関係者間のデータ連携に課題を抱えている中堅・中小企業者の利用促進も考慮し、簡易なインターフェースの提供を検討する。

(3)輸出入・港湾関連情報処理システム(NACCS)とのデータ連携 

データ連携方式を検討し、NACCSで処理される業務(税関その他の関係行政機関に対する手続きおよび関連する民間業務)との最適な連携を実現する。

(4)海外向け輸出を対象とした実証実験(予定) 

2019年1月から3月に北米およびアジア向けコンテナ輸出を対象とした実証実験を行い、輸出プロセスの効率化を図る。

(5)貿易手続情報に関するデータ標準や共有ルールの策定作業の協力 

NEDOが別途公募している貿易手続きに関わる事業者が手続情報を共有するためのデータ標準や共有ルール策定のための調査事業に協力する。

●実証事業概要と取り組み範囲







コメントを残す