輸出入ともに縮小 8月第4週の貿易 – サンパウロ新聞

Home » 07貿易 » 輸出入ともに縮小 8月第4週の貿易 – サンパウロ新聞
07貿易, 輸出・輸入 コメントはまだありません



 2018年8月第4週(20~26日、5営業日)のブラジルの貿易は4億4100万ドルの黒字だった。輸出が40億2700万ドル、輸入が35億8600万ドル。産業貿易サービス省が8月27日発表した。

 同週の1営業日当たりの取引額は、輸出は8億540万ドル、輸入は7億1720万ドル。第3週までの同月の平均に比べて輸出額は14.2%、輸入額は1.9%、それぞれ小さくなった。

 1次産品の輸出額は主に原油、大豆穀粒、銅鉱石、鶏肉、牛肉、豚肉などが落ち込んだことで24.2%減。半製品は主にパルプ、粗糖、製材品、粗亜鉛、祖スズなどが減額したことで18.6%減。完成品はヒーター、乾燥機及びその部品、鉄鋼圧延品、エタノール、乗用車、地ならし機などを中心に減らして0.2%減だった。

 輸入額の縮小は主に有機/無機化学品、医薬品、電気電子機器、機械装置、燃料・潤滑油の購入額が小さくなったことによる。

2018年9月1日付





コメントを残す