17年度一般会計決算 実質収支64億円黒字 税収増え /静岡 – 毎日新聞

Home » 07貿易 » 17年度一般会計決算 実質収支64億円黒字 税収増え /静岡 – 毎日新聞
07貿易, 経常収支 コメントはまだありません



 浜松市は、2017年度の一般会計の決算(速報値)をまとめた。歳入から歳出と翌年度に繰り越す財源を差し引いた実質収支は64億円の黒字になったが、前年度より黒字幅は4億円縮小。市の借金にあたる市債の残高は17年度末で4681億円に上り、市民1人あたりで58万円を抱えることになる。

 市によると、製造業の収益が改善され法人市民税が8億円増えるなどして、市税収入は前年度より20億円増え1318億円。歳入の総額は3373億円と同328億円増えた。

 一方、市の貯金にあたる財政調整基金への積立金は、3139万円だった。一般歳出に、市債の返済に充てる…



この記事は有料記事です。

残り352文字(全文622文字)




コメントを残す