カナダ3月貿易赤字が過去最大に、輸出は持ち直す – 朝日新聞社

Home » 07貿易 » カナダ3月貿易赤字が過去最大に、輸出は持ち直す – 朝日新聞社
07貿易, 輸出・輸入 コメントはまだありません




 [オタワ 3日 ロイター] - カナダ統計局が発表した3月の貿易収支は、輸入の急増を反映し、赤字幅が41億4000万カナダドル(32億1000万米ドル)と過去最大となった。

 ロイターがまとめたアナリスト調査では22億4000万カナダドルの赤字が予想されていた。これまでの過去最高は2016年9月に付けた41億3000万カナダドル。

 輸出は3.7%増の475億8000万カナダドル。航空機を含む輸送機の輸出が増加したことで、2カ月続いた軟調さから脱却した。特にサウジアラビアに装甲車両を供給する契約が押し上げ要因となった。鉄道輸送の問題で滞っていた小麦の輸出が51.9%増加したことも寄与した。 

 輸入は6.0%増の517億2000万カナダドル。乗用車とライトトラックを中心とする自動車部品のほか、消費財の輸入が増加した。 

 3月はカナダの全輸出のうち米国向けは73.4%。米国との貿易は輸出が1.2%増、輸入が3.1%増。この結果、対米貿易黒字は16億8000万カナダドルと、前月の22億8000万カナダドルから縮小した。

 カナダ銀行(中央銀行)は北米自由貿易協定(NAFTA)を巡る先行き不透明感によりカナダの輸出部門が痛手を受ける可能性があるとの懸念を示している。 

 (※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)






コメントを残す