米3月貿易赤字15.2%減、輸出過去最高水準 – 朝日新聞社

Home » 07貿易 » 米3月貿易赤字15.2%減、輸出過去最高水準 – 朝日新聞社
07貿易, サービス収支 コメントはまだありません




 [ワシントン 3日 ロイター] - 米商務省が3日発表した3月の貿易収支の赤字額は前月比15.2%減の489億5600万ドルと、金額ベースで2017年9月以来の低水準となった。市場は約500億ドルの赤字を見込んでいた。輸出が過去最高水準に達し、赤字額が減った。民間航空機や大豆の輸出が大幅に増加した。

 2月の赤字額は当初発表の575億9100万ドルから577億4300万ドルへ改定された。08年10月以来の高水準だった。2月まで6カ月連続で赤字が増えていた。

 政治的に問題になることが多い対中貿易赤字は3月に11.6%減の258億7500万ドルだった。米中の緊張を和らげる効果はないとみられる。トランプ米大統領は最大1500億ドルの中国の輸入品に関税をかけると主張している。中国の企業と米企業が合弁事業を展開する際の条件などで、中国が米企業に対して知的財産の提供を強要しているという。中国は強要はしていないと反論しており、米国の大豆や航空機などを対象に同様の報復関税をかけると述べている。

 トランプ氏は、米国の貿易相手国は米国を利用しているとしており、既に太陽光パネルや大型洗濯機に広範な関税を導入している。また、最近は鉄鋼に25%、アルミニウムに10%の輸入関税をかけた。

 メキシコとの貿易赤字は32.8%増の80億5300万ドルだった。一方、対カナダは3億600万ドルの黒字となった。

 実質の貿易赤字を示すインフレ調整後の貿易赤字は621億1000万ドルと、2月の689億8500万ドルから縮小した。4月27日に公表された第1・四半期国内総生産(GDP)によると貿易はGDPを0.20%ポイント押し上げる方向へ働いた。第1・四半期GDPは年率で2.3%増だった。

 貿易収支の内訳は、モノとサービスの輸出が2.0%増の2085億2600万ドルと、金額ベースで過去最高水準をつけた。民間航空機が19億3800万ドル増と、著しく伸びた。大豆やトウモロコシ、原油の輸出も増えた。モノの実質輸出も過去最高水準となった。

 中国への輸出は26.3%増加した。

 モノとサービスの輸入は1.8%減の2574億8200万ドル。冬季五輪に関連する放送特許の輸入押し上げ要因が薄れたことが一因だ。資本財は15億1200万ドル減。コンピューター付属品や通信機器、半導体が減ったことが重しとなった。消費財は9億2800万ドル減。原油は5億900万ドル減少した。

 中国からの輸入は2.1%減だった。






コメントを残す