円安を好感するも大型連休前でもみあい 22400-22600のレンジ あすなろ投資顧問 加藤あきら – minkabu PRESS

Home » 07貿易 » 円安を好感するも大型連休前でもみあい 22400-22600のレンジ あすなろ投資顧問 加藤あきら – minkabu PRESS
07貿易, 貿易収支 コメントはまだありません



●1日のNY株式相場は高安まちまち。決算発表が嫌気されたファイザーや通商摩擦への懸念を受けたボーイングが下落しダウ平均が3日続落した一方、ITセクターの上昇にけん引されたナスダック総合が反発。S&P500も終盤にプラス圏を回復し小幅に反発して終了。

●本日の日経平均は円安を好感し続伸と読む。GW後半の前日でポジション整理の売りもあり、もみ合いと読む。

●日経平均株価と上下の節目
 ────────────
 2万2540円 CME日経平均先物 
●2万2508円 昨日終値 
 2万2357円 5日線
 2万2119円 75日線

●ADRでは大和証券が高い。三井住友フィナンシャルグループと大和証券グループ本社は、系列の資産運用会社を来春をめどに統合する方向で調整するとの報道を受けてのこと。

●今週の主な予定

2日(水)
ユーロ圏GDP速報値(第1四半期)
米ADP雇用者数(4月)
米週間原油在庫統計
米FRB政策金利

3日(木)
憲法記念日
豪貿易収支(3月)
米貿易収支(3月)
米耐久財受注(3月)
米製造業新規受注(3月)
米ISM非製造業景況指数(4月)

4日(金)
みどりの日
豪中銀四半期金融政策報告
米雇用統計(4月)
ダドリーNY連銀総裁、講演

※予定は変更することがあります





コメントを残す