クラブメッド、2000年度以来最高の売上高を記録 2017年度売上実績 … – SankeiBiz

Home » 07貿易 » クラブメッド、2000年度以来最高の売上高を記録 2017年度売上実績 … – SankeiBiz
07貿易, 直接投資 コメントはまだありません



 オールインクルーシブエクスペリエンスのパイオニア、株式会社クラブメッド(本社:東京都港区 代表取締役社長:スチュワート ド ブルゴーニュ)は、2017年度の売上実績について、2000年度以来、プラス6.6%となる最高の売上高となったことを発表しました。
マウンテンリゾートや長距離フライトリゾートの躍進に支えられ、2018年度は更なる成長が期待されています。

 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/155395/LL_img_155395_1.jpg
イタリア シチリア島リゾート

 ■高利益をもたらす売上成長
2017年度のクラブメッドの取引高は、為替レート率で3.8%増加し、約2,030億円を記録しました。収益は、4.4%の伸び率となり、税引前純利益と経常外損益は20%プラスとなりました。リゾート運営利益も16.6%プラスとなり、欧州アフリカ、アメリカ、アジアの全世界的に黒字となりました。2016年に比べ、約115億円を増額して投資。直接投資は新規開業リゾートや既存リゾートの維持管理費、デジタル費用に充てられました。また、3億ユーロ以上の投資額がクラブメッドの不動産パートナーにより追加されました。
これらの好調な結果は、“アップスケール・グローバル・ハッピーデジタル”戦略の実施が、クラブメッドの独自のコンセプトを有効に利用する、家族層(3世代・ミレニアルファミリー)やアクティブなカップルの需要に合ったことが挙げられます。

 ■顧客数の拡大
2017年度、顧客数が1億3,400万人突破となり、2000年度以来、6.6%プラスの結果となりました。その内、80%のお客様が4トリダンまたは5Ψ(トリダン*)のリゾートに宿泊しました。
*施設の快適性を基準に、世界のクラブメッド・リゾートのグレードを3-5つのΨ(トリダン)マークで表します。そのトップクラスが5トリダンとなります。
<全世界地域にみられる顧客数の増加>
・アメリカでは、2016年に比べ19.6%プラスとなる2ケタ成長
・アジアでは、3.9%増加
・欧州アフリカでは、3.0%増加が継続
インターネット経由での予約が増加しているため、クラブメッドのハッピーデジタル改革はオンラインダイレクトセールスの14%プラスに貢献しました。
携帯電話は予約の重要手段となり、ダイレクトアクセスの45%を占めています。全世界での携帯電話による予約をみると、およそ約31億円相当の売上高となりました。

 ■新規開業リゾート
継続する新規開業リゾートにより、クラブメッドはフランス本国や世界的にも売上増加を達成しました。2017年末には、北海道トマムとフランスアルプスのグランマシフサモエンヌのふたつのマウンテンリゾートがオープンし、売上拡大に貢献しました。
2018年は、すでにふたつの美しいリゾートが中国の北京近郊のゴールデンコーストと上海近郊の安吉県に新しくオープンしました。
また、カリブ海のタークス・カイコス諸島に、クラブメッド・ターコイズが4トリダンリゾートとしてリニューアルオープンしました。CNNトラベルやトリップアドバイザーでは、世界で最も美しいビーチと称されたグレースベイに位置し、カップルや友人グループなど、主に大人をターゲットとしたリゾートです。

 今年6月には、シチリアの歴史的な都市チェファルに、その他、今年12月には、フランスアルプスのパラディスキーの中心に、新しいマウンテンリゾート、レ・アークス・パノラマがオープンします。このリゾートは4トリダンとなり、一部は5トリダンの最高級リゾートがオープンします。2019年には、スペインのマルベーリャに新しいリゾートのオープンが予定され、モーリシャスのポアント・オー・カノニエやグアドループのラ・カラヴェルリゾートは大規模なリノベーションが予定されています。

 ■2018年度冬季・夏季シーズン予約状況
<統計データ>
・2018冬季シーズンの予約は現在9.4%プラス増
・2018夏季シーズンの予約は現在2ケタ増加
2019年冬季シーズン(2018年3月14日より開始)は、新しいスキーリゾート、レ・アークス・パノラマや通常のアクティビティに加えて、世界的なサーカス集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」のサーカス技術が体験できるプンタカナリゾートが売上高を牽引しています。

 ■クラブメッド会長兼最高経営責任者 アンリ・ジスカール・デスタンによる、
事業業績に関するコメント
世界市場での成長や顧客数の増加、その他収益拡大のおかげで、2017年度クラブメッドはとても良い業績を残しました。これは、株主であるフォースン・グループのサポートや3方向からのアプローチ戦略“アップスケール・グローバル・ハッピーデジタル”によるものだと考えています。2018年度は、冬期、夏季シーズンともに更なる予約増となる、より良い結果が見込まれています。

 ■事業年度
クラブメッドはフォースン・グループの子会社として、香港に上場しています。事業年度としては、1月1日から12月31日を規定としています。事業報告書は親会社に発行された事業年度報告書の一部として作成されています。

 【クラブメッドについて】
「何も考えず、ただリラックスする時間。人生にはバカンスが必要なはずです。」
1950年に先駆的な考え方のもとスタートしたフランスのバカンスクラブです。
クラブメッドは、例えば友人の別荘に遊びに行った時のようにゆっくり気楽に滞在し、日常の疲れを取り除いていく、いわゆるフランス風バカンスを提案しています。現在では、世界24カ国、約70カ所にリゾートを運営し、透明度が高い美しい海でおもいっきり太陽を感じられるモルディブやモーリシャス、メキシコ カンクンに至る世界の一流リゾート地を展開しています。家族向けリゾート施設、ビーチリゾート運営にはとどまらず、1956年にスイス、レザン村に最初のスキーリゾートをオープンして以来、フランス シャモニーをはじめとする、ヨーロッパのアルプスをメインに世界中26軒の山岳リゾートを経営するスノーリゾート・マウンテンリゾートの国際的リーダーの顔もあります。

 1967年には、ホテル・リゾートとして世界初のキッズクラブを設立し、昨年設立50周年のアニバーサリーイヤー迎えました。豊富な経験を活かして、大人だけではなく、子供たちもバカンスを楽しめる環境を整え、年齢に応じた子供をお預かりするサービスをご用意しております。

 また、クラブメッドは世界最大の生徒数・スポーツ数を誇るスポーツクラブでもあり、ゴルフやテニス、スキーなど一流のインストラクターによるレッスンだけではなく、SUP(Stand Up Paddleboard)、スノーシューイング、Thai Kick Boxing等の地域に特化したアクティビティも提供しています。リゾート内のアクティビティを楽しんだり、プールサイドで本を読んだり過ごすことでスタッフである世界各国から集まったG.O(ジェントル・オーガナイザー)や他のお客様との交流が生まれます。そんな新しい出会いが、何よりも、クラブメッドの魅力と言えます。

 プティクラブ
https://www.atpress.ne.jp/releases/155395/img_155395_4.jpg
ミニクラブ
https://www.atpress.ne.jp/releases/155395/img_155395_5.jpg

 【バカンスダイヤル (お客様専用問い合わせ先)】
0120-790-863 (フリーコール)





コメントを残す