米不動産融資、海外投資資金で韓国系が最多 – 中央日報

Home » 07貿易 » 米不動産融資、海外投資資金で韓国系が最多 – 中央日報
07貿易, 直接投資 コメントはまだありません



  韓国系資本が米商業用不動産融資で目立っている。不動産に直接投資するよりも融資を通じて安定した利子収益を得ようという投資戦略だ。

  ウォールストリートジャーナル(WSJ)の17日(現地時間)の報道によると、4月中旬現在の米国不動産融資市場に流入した海外投資資金のうち韓国系資本の比率は21%にのぼる。2位のカナダ(12%)、3位の豪州(11%)を大きく上回る。市場調査会社プレキンによると、米国不動産融資市場のグローバル投資資金は昨年178億ドルと、2016年(108億ドル)に比べて65%も増えた。

  WSJは最近、韓国内の資産運用会社が米ニューヨーク不動産融資に投資した事例2件を紹介した。JLLグローバルキャピタルマーケットによると、韓国のKTB資産運用は米ニューヨークマディソンアベニュー285番地の不動産に投資したRFRホールディングスに5年満期固定金利で融資することにした。イージス資産運用は米ニューヨーク7番アベニュー787番地の不動産に2億2000万ドルの融資を提供した。

  KTB資産運用の海外代替投資ディレクターのステラ・チュ氏はWSJのインタビューで「韓国の投資家は株式より不動産融資に関心がある」と述べた。これは米国の債券収益率が韓国より高くなるという期待感が反映されている。10年物国債の利回りは韓国が2.6%台だが、米国はこの数カ月間に急騰し、2.8%にのぼる。

  チュ氏は「米国の金利が依然として上昇傾向にあり、不動産価格はすでに相当高い水準であるため、不動産を直接購入するのはリスクがある」とし「我々は安定した利子収益に関心がある」と説明した。

  カリフォルニア州の不動産融資債券ファンドM360のアドバイザーは韓国金融監督院に登録した後、一年間に韓国機関の投資家から1億5000万ドルを誘致した。同社は事務室、アパート、ビル、ホテルなど定期的に収入が発生する不動産融資債券に投資する。不渡りを出しても最初に償還される債券だけを扱う。





コメントを残す