東京センチュリー、台湾で太陽光発電 – SankeiBiz(サンケイビズ) – SankeiBiz

Home » 07貿易 » 東京センチュリー、台湾で太陽光発電 – SankeiBiz(サンケイビズ) – SankeiBiz
07貿易, 直接投資 コメントはまだありません



 東京センチュリーは、台湾のシエル・テール、九電工、九電みらいエナジー(福岡市中央区)と共同で、シエルが開発した台湾の水上太陽光発電事業を行う特別目的会社(SPC)に出資することで合意した。東京センチュリーは国内79カ所で太陽光発電所を運営しており、今回のプロジェクトはエネルギー事業として初の海外直接投資となる。

 台南市が保有する2つの調整池の水面約5万平方メートルに、合計約5.1メガワットの太陽電池モジュールを設置し、年間発電量は約640万キロワット時を見込む。今回は、4月に稼働する第2発電所に対する出資について合意したもので、第1発電所については9月の完工に向け検討を進めていく。





コメントを残す