賃貸住宅の建築計画にAI活用 – 株式会社全国賃貸住宅新聞社

Home » 07貿易 » 賃貸住宅の建築計画にAI活用 – 株式会社全国賃貸住宅新聞社
07貿易, サービス収支 コメントはまだありません



家賃査定や事業収支まで一括作成

スターツグループは3月28日、AI(人工知能)を活用し賃貸住宅の建築から家賃査定、収支計算までを一気通貫で行うサービス『LAPLACE(ラプラス)』の開発を発表した。

グループで集めた建築費や賃料のデータを独自のAIシステムが分析。これまで1週間かかっていた建築・事業計画策定を15分で完了でき、大幅な業務効率化につなげる。
建築のスターツCAM(スターツシーエーエム:東京都中央区)が過去3年間に行った1600件の建築費データを基にAIが建築費を概算。ピタットハウス(同)の2年半分の募集掲載データ約2億件に基づいて賃料を自動査定し、31万4000戸分の成約データから稼働率と賃料推移を予測する。

ユーザーがウェブ上で建築計画地を地図上から選択すると、都市計画法情報が自動取得され、建築設計システムのCAD(キャド)で建築規制領域が作成される。その内容にマッチングする建築パターンが、容積消化率順・住戸数の多い順に3パターンずつ表示される。パターンを指定すると簡易図面が自動作成され、AIが建築費を概算。賃料査定と同時に資金計画もグラフで表示される。ユーザーは、土地、建築パターン等の条件決定などを行うだけだ。
 想定利用者は、不動産会社、金融機関、建築会社、不動産投資家だ。投資家にとっても、累積されたデータを基に事業性が提示されるため、投資判断の材料になる。





コメントを残す