中国、米に報復関税を発動…貿易摩擦さらに激化 : 経済 : 読売新聞 … – 読売新聞

Home » 07貿易 » 中国、米に報復関税を発動…貿易摩擦さらに激化 : 経済 : 読売新聞 … – 読売新聞
07貿易, 輸出・輸入 コメントはまだありません



 【北京=鎌田秀男】中国政府は2日、トランプ米政権による鉄鋼、アルミニウムの輸入制限に対抗し、米国製品128品目に最大25%の関税を上乗せする措置を発動した。

 米中両国の貿易摩擦がさらにエスカレートし、世界経済に悪影響を及ぼす懸念が高まっている。

 中国の財務省が発表した1日付の文書などによると、米国産の果物やワインなど120品目に15%、豚肉など8品目に25%の関税を上乗せする。対象品目の輸入額は計約30億ドル(2017年、約3180億円)。米国の輸入制限による被害を埋め合わせるため、と説明している。

 中国の商務省は2日に談話を発表し、「米国の措置は世界貿易機関(WTO)の安全例外条項を乱用したものだ」と批判して、早急に輸入制限を撤回するよう米国に求めた。





コメントを残す