東京港、1月輸入額2%減 – 日本経済新聞

Home » 07貿易 » 東京港、1月輸入額2%減 – 日本経済新聞
07貿易, 輸出・輸入 コメントはまだありません



 東京税関がまとめた東京港の1月の貿易概況(速報)によると、輸入額は前年同月比2%減の1兆106億円となり、11カ月ぶりに前年を下回った。前年に増加した衣類や医薬品、通信機の反動減が一因。輸入元では欧州連合(EU)や東南アジア諸国連合(ASEAN)が増えた一方、米国や中国は減った。

 輸出額は12%増の4230億円となり、7カ月連続で前年を上回った。主に中国向けの半導体製造装置や工作機械がけん引役を果たした。輸入から輸出を差し引いた輸入超過は5876億円だった。

 羽田空港の貿易概況は輸入額が35%増の673億円と、2カ月連続で前年を超えた。輸出額は25%減の236億円で、4カ月連続の前年割れだった。





コメントを残す