〔情報BOX〕米中首脳会議で予想される議題、北朝鮮や貿易が焦点に – ロイター

Home » 07貿易 » 〔情報BOX〕米中首脳会議で予想される議題、北朝鮮や貿易が焦点に – ロイター
07貿易, 輸出・輸入 コメントはまだありません



[4日 ロイター] – トランプ米大統領は6─7日にフロリダ州の別荘「マー・ア・ラゴ」で中国の習近平国家主席と首脳会談を行う。世界の指導者として最も重要なテストで、米外交政策の最大の試金石になるとみられる。

以下に予想される主要な議題をまとめた。

<北朝鮮>

北朝鮮はおそらくトランプ氏にとって国家安全保障に関する最も喫急の課題だ。北朝鮮は、米本土を射程に入れる核ミサイルの開発を目指している。トランプ氏は、中国が北朝鮮に対し一段と影響力を行使すべきとあらためて主張するとみられる。

これに対し中国は、北朝鮮との緊張緩和は米国次第との姿勢を示している。

対北朝鮮政策の見直しを進めている米ホワイトハウスは、経済と軍事面で圧力をかける方針だ。同国と関係の深い中国の銀行や企業に制裁を科すことも検討している。

軍事行動も選択肢に残っているが、米政府高官は「直接的な軍事行動には消極的」と説明した。

<貿易>





コメントを残す