シドニー外為・債券市場=豪ドル下落、貿易黒字縮小で NZドル横ばい – ロイター

Home » 07貿易 » シドニー外為・債券市場=豪ドル下落、貿易黒字縮小で NZドル横ばい – ロイター
07貿易, 貿易収支 コメントはまだありません



[シドニー/ウェリントン 7日 ロイター] – オセアニア外国為替市場では、オーストラリアドルが2週間以上ぶりの安値。10月の貿易収支で、主要輸出品である鉄鉱石の価格下落により黒字額が縮小した。ニュージーランドドルは最近のレンジで推移している。

豪ドルは一時、0.3%安の0.7542米ドルを付けた。この日発表された貿易黒字は1億0500万豪ドルとなり、9月の16億豪ドルから縮小。予想の13億7500万豪ドルも下回った。

黒字は12カ月連続で、2011年以来の長期連続。

第3・四半期、国内総生産(GDP)への輸出による寄与度はゼロだった。ただ、主要輸出品である鉄鉱石の価格は最近上昇しており、11月の輸出は増加となる見込みだ。中国大連商品取引所の鉄鉱石先物は同月、16.5%上昇した。

輸出先の中国では産業汚染の取り締まりが強化されており、エコノミストらは取引高が回復するかどうかは不明だとみている。

キャピタル・エコノミクスのチーフエコノミスト、ポール・デールズ氏は「概して、貿易収支が数カ月以内に、少なくとも短期的な赤字に陥る可能性はある」と予想。「まだ早期の段階だが、純輸出が第4・四半期の成長率をわずかに抑制するかもしれない」と述べた。

NZドルは0.6879米ドルで横ばい。水準は11月末から、0.6830―0.6913米ドルの狭いレンジで推移している。6日には1週間ぶり高値の0.6916米ドルを付けていた。

豪国債先物は、3年物が1ティック高の98.050、10年物は1.5ティック安の97.4600。



私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」



コメントを残す