テックファームホールディングス—IoTのノウハウを活用して、西武プロパティーズの実証実験を支援 – まぐまぐニュース!

Home » 07貿易 » テックファームホールディングス—IoTのノウハウを活用して、西武プロパティーズの実証実験を支援 – まぐまぐニュース!
07貿易, サービス収支 コメントはまだありません




テックファームホールディングスは、アプリ・Webサイト開発等を展開するITサービス企業。米国法人がカジノゲーミング機向け印刷機最大手と協業。主力のソフトウエア受託開発事業は収益堅調。収支管理の徹底などが寄与。

同社は20日、西武ホールディングスの子会社である西武プロパティーズが12月より行う駅ナカ商業施設「エミオ」のサービス向上を目的とした提案型情報配信サービスの実証実験において、同子会社のテックファームがIoTパートナーとしてサービス・企画検討からシステム開発・分析を支援することを発表した。

西武プロパティーズの運営する商業施設「エミオ石神井公園」の顧客向けにスマートフォン用アプリ「Emio石神井公園情報アプリ」が配信される。顧客の施設やアプリの利用状況に加え、位置情報も考慮して、「Emio石神井公園情報アプリ」をインストールした顧客の端末へ、個々の需要が見込まれるお買い物情報を自動的に配信するサービスについて実証実験が行われる。

配信されるアプリは、エミオ石神井公園の店舗からの旬なおトク情報や特別なクーポンによる優待を受けることができるもので、施設周辺や駅・店舗など居場所に応じ、お得な情報通知を自動的に受けることができるものだという。発信される情報の例としては、顧客が初めて訪れる店舗の情報を事前に配信することや、エリア近くのお店のキャンペーン情報の配信、また、滞在時間を考慮してカフェのお得情報の配信などが挙げられている。





コメントを残す