【バロンズ】サウジ、皇太子の改革と権力強化は別問題 – ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

Home » 07貿易 » 【バロンズ】サウジ、皇太子の改革と権力強化は別問題 – ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
07貿易, 直接投資 コメントはまだありません



• 王族の拘束は汚職摘発か、それとも権力掌握か

 数百人もの王子がいるサウジアラビアの王室で内紛が巻き起こっている。株式市場の規模はそれほど大きくなく、サウジ株に直接投資している欧米の投資家は少ないかもしれないが、問題を深刻化させているのは2660億バレルに上る原油埋蔵量で、これには投資家も無関係ではいられない。そして内紛の影響は長期化が予想される。

 ムハンマド・ビン・サルマン皇太子が率いる政府の汚職委員会は4日、王子、閣僚、実業家を含む数十人を汚職の疑いで逮捕・拘束し、保有資産の…





コメントを残す