9月の貿易収支、3372億円の黒字 4カ月連続 – エキサイトニュース

Home » 07貿易 » 9月の貿易収支、3372億円の黒字 4カ月連続 – エキサイトニュース
07貿易, 輸出・輸入 コメントはまだありません



 財務省は6日、9月上中旬の「貿易統計速報」を公表した。速報によれば9月上中旬(1~20日)の輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支額は3372億円の黒字であった。上中旬での貿易収支の黒字は4ヵ月連続となる。

 この収支の黒字は鉄鋼や輸送用機械、半導体関連機械、電気機器などの輸出額が伸びたことが大きく寄与したとしている。収支の内訳を見ると9月上中旬の輸出額は4兆3158.63億円で、輸入額は3兆9786.47億円、差し引きプラス3372億円の黒字となった。前年16年9月上中旬の輸出は3兆7601.18億円、一方、輸入は3兆4722.46億円で差し引きはプラス2878.72億円となり、輸出額と輸入額のこの1年間の伸びはそれぞれ14.8%、14.6%となり、黒字額の伸び率は17.1%であった。

 黒字に寄与している製品や地域を8月分の確報でみると、輸出では鉄鋼、自動車、半導体等電子部品、自動車の部品、半導体関連機械の輸出が大きく寄与している。一方、輸入では石炭、液化天然ガス、原粗油などの寄与度が高くなっている。輸出先の伸び率を地域別に見ると、北米が22.9%と最も高く、次いでアジアの19.9%、西欧の17.4%となっており、欧米、アジア経済の回復傾向が輸出の伸びに大きく寄与していることがわかる。製品別にみるとその構成比は輸送用機械が21.6%と最も多く、次いで一般機械の19.7%、続いて電気機器の18.3%の順である。





コメントを残す