経常黒字、10.5兆円黒字 上半期、リーマン後最高に – 朝日新聞

Home » 07貿易 » 経常黒字、10.5兆円黒字 上半期、リーマン後最高に – 朝日新聞
07貿易, 経常収支 コメントはまだありません



 財務省が8日発表した2017年上半期(1~6月)の国際収支(速報)によると、貿易や投資による国内外のお金の出入りを示す経常収支は前年同期比300億円増の10兆5101億円の黒字だった。上半期としては2年連続で10兆円を超え、リーマン・ショックがあった08年以降では過去最高となった。

 貿易黒字が大きかった07年以前と違い、海外投資などによる黒字が拡大した。海外子会社からの配当などによる「第1次所得収支」は前年同期比2096億円増の9兆7622億円の黒字だった。訪日外国人旅行者の増加で旅行収支が7903億円の黒字と上半期としては過去最高だったことも寄与した。

 一方で、モノの出入りを示す貿易収支は2兆531億円の黒字と前年同期比で2713億円減った。原油価格が同1・5倍に上昇し、輸入額が増えたことが影響した。

 同時に発表した6月単月の経常収支は9346億円の黒字だった。黒字は36カ月連続。輸出は前年同月比9・0%増の6兆3709億円、輸入は同15・1%増の5兆8524億円だった。





コメントを残す