イラン、シリア内のIS拠点にミサイル-今月の首都攻撃受けて – ブルームバーグ

Home » 07貿易 » イラン、シリア内のIS拠点にミサイル-今月の首都攻撃受けて – ブルームバーグ
07貿易, サービス収支 コメントはまだありません



イラン革命防衛隊は18日、同国のタスニム通信を通じて、シリア領内の過激派組織「イスラム国(IS)」の目標物に複数のミサイルを発射したと発表した。テヘラン市内で最近起きた攻撃への対応だとしている。

  イラン革命防衛隊の広報局は声明で、今月7日にテヘランの国会議事堂とホメイニ廟が襲撃され少なくとも17人が死亡した事件を受け、イラン西部のイラク国境に接するケルマンシャー、クルディスタン両州の基地から「地対地中距離ミサイル数発」を発射し、シリア東部デリゾール周辺の目標物に「致命的かつ壊滅的な打撃」を与えたと説明した。ISは同事件で犯行声明を出していた。

  イランの最高指導者ハメネイ師は同声明発表の数時間前に、イランの敵は「われわれを平手打ちすることができず、われわれが彼らを平手打ちする」のを「誰もが知るべきだ」と、自身の公式ウェブサイトで述べていた。

原題:Iran Fires Several Missiles at Syria Following Tehran Attacks(抜粋)



最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE



コメントを残す