あしたのチーム、宇城市にサテライト拠点 – 日本経済新聞

Home » 06労働 » あしたのチーム、宇城市にサテライト拠点 – 日本経済新聞
06労働, 有効求人倍率 コメントはまだありません



熊本県宇城市と人事コンサルティング会社、あしたのチーム(東京・中央)は23日、同市内に事業所(サテライトオフィス)を設ける協定を結んだ。宇城市が2018年度から始めたIT(情報技術)企業誘致事業の初の成果となる。

あしたのチームは適正な人事評価で社員の士気を高めるサービスを提供している。サテライトオフィスは「宇城ランド」と名付け、宇城市が4月に開設した「ビジネスサポートセンター」内に19年1月に開設する予定。

オフィスの広さは58平方メートル。あしたのチームが熊本市などに開設している拠点を支援する。2~4人の正社員の新規採用を見込み、11月23日に同センターで採用説明会と面接会を開く。

宇城市は事務職の有効求人倍率が低いことに着目し、IT企業の誘致に力を入れている。ベンチャー企業のポート(東京・新宿)と連携し、東京の企業への働きかけを進めているほか、地元の主婦層らにテレワークなどの講座を開いている。





コメントを残す