長引く休業 雇用に影 愛媛県南予地域、増える求職者 – 日本経済新聞

Home » 06労働 » 長引く休業 雇用に影 愛媛県南予地域、増える求職者 – 日本経済新聞
06労働, 有効求人倍率 コメントはまだありません



西日本豪雨から約3カ月、今なお被害状況が各地の雇用に影を落としている。愛媛県南西部の南予地域では一部の企業や商店の休業が長引き、従業員は転職などを余儀なくされ、7月以降、求職者数の増加傾向が続いている。県内の他地域に比べ、有効求人倍率は低めの傾向が続く。今後、グループ補助金などをテコに経営再建が迅速に進むかどうかが、雇用情勢の行方を左右しそうだ。

肱川の氾濫による浸水被害が大きかった大洲市の「ハ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。





コメントを残す