山梨の求人倍率1.47倍 正社員は初の0.9倍台 – 産経ニュース

Home » 06労働 » 山梨の求人倍率1.47倍 正社員は初の0.9倍台 – 産経ニュース
06労働, 有効求人倍率 コメントはまだありません



 山梨労働局が発表した県内の8月の有効求人倍率(季節調整値)は、1・47倍で前月比0・01ポイントの上昇となった。昨年10月から11カ月連続で1・4倍台を維持しており、判断を「着実に改善が進んでいる」に据え置いた。

 このうち、正社員は0・92倍で、前年同月比0・11ポイントの上昇。平成18年1月の公表以来、初めて0・9倍台となった。

 同労働局によると、有効求職者1万2310人(前月比0・6%増)に対し、有効求人は1万8041人(同1%増)。このうち新規求人は6344人で、3カ月ぶりに前月比2・1%の減少となった。

 緩やかな景気の回復傾向による仕事量の増加で人手不足が続き、「今後も活発な求人の申し込みが見込まれる」という。

 これを受け、より良い労働条件を求める自己都合離職者などの求職が増えており、「動向を注視する必要がある」としている。





コメントを残す