iPhoneの画面が割れた! スマホの破損に備えるには – 日本経済新聞

Home » 06労働 » iPhoneの画面が割れた! スマホの破損に備えるには – 日本経済新聞
06労働, 常用雇用指数 コメントはまだありません



 先日、夫が愛用のiPhoneX(アイフォーンテン)を落としてしまい、前面にも背面にもひびが入ってしまいました。修理ではなく、同じモデルの端末と交換することになり、6万5664円(税込み)の出費に。彼は少額短期保険に加入していたため、この費用は保険金でまかなえそうですが、スマートフォン(スマホ)を誤って壊してしまう人は意外と多そうです。そんなときの備えはどうしておけばいいのでしょうか。

AppleCare+で最大2回まで修理

 スマホには多くの種類がありますが、iPhoneの場合、修理費用はどのくらいになるのでしょうか。

 iPhoneの修理にかかる費用は大きく2種類に分けられます。iPhoneXの例でみると、よく起こりがちな画面の修理などでは3万1800円、今回のように両面ひび割れて端末を交換する場合などでは6万800円になります。壊れたときに備える保険には、いくつか選択肢があります。

背面もひび割れてしまったiPhone

 アップルストアでiPhoneを購入した場合は、AppleCare+というサービスに加入することで万が一に備えることができます。加入していれば、本来3万1800円の画面の修理が3400円に、6万800円かかる端末の交換などが1万1800円となり、2年間で最大2回までカバーされます。AppleCare+は2年分の保険料にあたる金額(iPhoneXの場合は2万2800円)を、購入30日以内にまとめて支払います。

■大手キャリアは補償上乗せプランを提供

 NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクなどの大手キャリアでiPhoneを購入している場合はどうなるでしょうか。この場合は、AppleCare+に加入するか、キャリアが提供する補償サービスか、2つの選択肢があります。

 ドコモでAppleCare+に加入する場合、iPhoneXなら月額950円を24か月支払います。合計の支払金額は2万2800円で、アップルストアで加入するときと同額ですが、アップルストアは一括払いなのに対し、分割で支払えることになります。

 一方、ドコモが独自に提供している「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」を選んだ場合は月額750円。1年に2回まで1万1000円で新品同様の状態の端末を手に入れることができます。AppleCare+ではカバーされない紛失や盗難なども補償の対象になる点が特徴的です。

 クレジットカードのdカードやdカードGOLDを保有している場合も、端末の紛失や盗難などに対して一定の補償があります。dカードGOLDの場合、購入から3年以内の事故であれば、最大10万円までの購入代金がカバーされます。

 auが提供する「AppleCare+ & au端末サポート」は月額1190円。4年間の補償が受けられ、その中で2回まで新品同等品と交換可能です。docomo同様、紛失や盗難も対象となります。





コメントを残す