6月の給与総額3・6%増 基本給は微増、厚労省調査 – 高知新聞

Home » 06労働 » 6月の給与総額3・6%増 基本給は微増、厚労省調査 – 高知新聞
06労働, 現金給与総額 コメントはまだありません



 厚生労働省が7日発表した6月の毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上の事業所)によると、基本給や残業代などを合計した1人当たりの現金給与総額は、前年同月比3・6%増の44万8919円で、11カ月連続のプラスとなった。

 1997年1月以来の高い伸び率だが、厚労省は、ボーナスの支給時期の前倒しや調査対象の一部変更などが要因とみている。ボーナスに相当する「特別に支払われた給与」が7・0%増だった一方、基本給などの所定内給与は1・3%増の24万5918円にとどまった。

 残業代などの所定外給与は3・5%増の1万9693円だった。





コメントを残す