アデコ、愛知県でIT・エンジニアリング専門職の養成派遣プログラムを開始 – 時事通信

Home » 06労働 » アデコ、愛知県でIT・エンジニアリング専門職の養成派遣プログラムを開始 – 時事通信
06労働, 有効求人倍率 コメントはまだありません



[アデコ]

-未経験者対象に無料養成講座を提供し、教育と就業支援を実施-

アデコは、9月よりパソコンスクール「Winスクール」との提携のもと、未経験者を対象としたIT専門職の養成派遣を愛知県内で開始します。

世界最大※1の人財サービス会社であるアデコグループの日本法人であるアデコ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川崎 健一郎、以下「アデコ」)は、9月よりパソコンスクール「Winスクール」との提携のもと、未経験者を対象としたIT専門職の養成派遣を開始します。

今回開講する養成派遣プログラムでは、3つのIT・エンジニアリング分野の専門職(プログラム開発、ネットワークエンジニア・ヘルプデスク、CADオペレーター)の基礎から応用までを習得できる講座を提携先であるWinスクールと共同開発し、無償で提供します。また、講座修了後はIT・エンジニアリング専門職の就業を支援し、教育と就業を一貫して提供するアデコ独自の養成派遣プログラムです。
本講座の対象者は、アデコの既存登録者だけでなく、新規登録者も対象としており、現在就業中の方でも働きながら受講できるよう全日程8日間の講座を土曜日に設定し開講いたします。

日本のモノづくりの集積地である愛知県内には、自動車業界、航空・宇宙業界関連のメーカーが数多く存在し、開発にしのぎを削っています。特にIT専門職への人財ニーズは高く、有効求人倍率は3.49倍※2と全国と比較しても高い水準を継続しています。
また、派遣社員の視点から見ると、IT・エンジニアリング領域の職種は一般的な事務職よりも約10%から20%程度時給が高く、派遣社員の処遇改善とキャリアアップにつながると見込んでいます。未経験者へ教育・育成の機会を提供することでIT・エンジニアリング職種へのキャリア転換を支援し、企業からの人財ニーズへの対応と派遣社員のキャリア開発の双方の実現を目指します。

アデコは今後も、人財サービスのグローバルリーダーとして「キャリア開発があたりまえの世の中をつくる」というビジョンを掲げ、雇用・労働に関わるさまざまな施策を展開することで、働く人々のキャリアの開発と雇用の安定化をサポートするとともに、企業の業績向上にも寄与することを目指してまいります。

*1: Staffing Industry Analysts 2017、人財サービス企業売上ランキングより
*2: 厚生労働省発表の「情報処理・通信技術者」、愛知県内の有効求人倍率(2018年4月時点)

【講座詳細】
https://www.tbrain.adecco.co.jp/event_seminar/enginieer_training_course/

企業プレスリリース詳細へ (2018/07/18-12:01)





コメントを残す