第四銀、人材サービスと提携 人手不足対応を強化 – 日本経済新聞

Home » 06労働 » 第四銀、人材サービスと提携 人手不足対応を強化 – 日本経済新聞
06労働, 有効求人倍率 コメントはまだありません



 第四銀行は人材サービスのヒューマンリソシア(東京・新宿)と業務提携した。取引先企業をヒューマンリソシアに紹介し、人材派遣や業務の自動化といったサービスを提供する。新潟県内で人手不足が深刻化する中、取引先の相談に対応できる体制を整える。

 第四銀は既に複数の人材派遣会社と連携しているが、人手不足に悩む企業からの相談が今後も増えるとみてヒューマンリソシアとも提携した。同社は人材派遣のほか、経理や就労管理といった業務を自動化するソフト「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」を顧客に提供する。

 新潟労働局によると、5月の有効求人倍率(季節調整値)は1.70倍だった。ハローワークのほかに人材派遣サービスも利用して人手を確保しようとする動きが広がり、人材派遣業でも人手不足感が強まっている。





コメントを残す