就職戦線は売り手市場 働き手不足が深刻 | チューリップテレビニュース – チューリップテレビ公式サイト

Home » 06労働 » 就職戦線は売り手市場 働き手不足が深刻 | チューリップテレビニュース – チューリップテレビ公式サイト
06労働, 有効求人倍率 コメントはまだありません



 就職戦線は売り手市場 働き手不足が深刻

(2018年05月02日 17時23分)

 来年春に卒業予定の学生を対象にした合同企業説明会が富山市で開かれました。

 売り手市場の中企業にとっては働き手不足が深刻な問題となっています。

 「去年に続き売り手市場となっている今年の就職活動。良い人材を確保しようと多くの企業が参加しています」(宮川記者)

 合同企業説明会には県内の製造業や建設業など150社が参加しました。

 3月の県内の有効求人倍率は1,99倍と全国で3番目に高い水準で、学生たちにとって有利な「売り手市場」となっています。

 また、就職活動の時期が年々早くなり、早々に内々定をもらう学生も多いため、説明会に参加した企業の担当者からは焦りの声も聞かれました。

 県内の昨年度のUターン就職率は過去最高の58,4パーセントで10年前に比べ7ポイントほど上昇しています。

 一方で、県外から県内の大学に進学した学生の県内企業への就職率が2割程度であることから県は、HP動画やパンフレットなどを作成し、県内での就職、定住促進につなげたいとしています。





コメントを残す