グローバル人材売り手市場続く – エキサイトニュース

Home » 06労働 » グローバル人材売り手市場続く – エキサイトニュース
06労働, 有効求人倍率 コメントはまだありません



 バイリンガルのための転職・求人サイトを運営するダイジョブ・グローバルリクルーティングは2カ国語以上をビジネスレベル以上で話せる、いわゆる”グローバル人材”に対する2017年7月度の有効求人倍率を公表した。

 報告によれば、2017年7月度におけるグローバル人材の求人倍率は、前月(2017年6月)に比べ0.02ポイント減少したものの、ほぼ横ばいの1.56倍になったという。求人数は前月に比べ7.0%増えたとされ、これは同社が調査を開始した13年以来の2番目になる高水準とのことだ。主な要因として、人手不足による企業の採用意欲の高さが挙げられる。
 
 職種別の求人倍率のトップ3を見てみると、第1位は「メディカル/医薬/バイオ/素材」で8.11倍、第2位は「電機(電気/電子/半導体)技術系」で6.20倍、第3位は「クリエイティブ(インターネット関連)」で5.67倍であった。また全22職種のうち11職種で求人数が前月比で増加した。中でも「クリエイティブ(インターネット関連)」の求人数は、前月に比べ188.3%増と大きく伸ばしている。
 
 次に業種別の求人倍率トップ3を見てみよう。第1位は「電気・ガス・熱供給・水道業」で5.00倍、第2位は「農林水産・鉱業」で3.14倍、第3位は「情報通信業」で2.86倍であった。「農林水産・鉱業」に関しては求人倍率が前月比1.14ポイント減であったが求人数に対し、転職希望者が少ないため依然として高水準で推移しているという。





コメントを残す