【産経抄】山梨市長の給料、市民は一円たりとも払いたくない 8月9日(1/2 … – 産経ニュース

Home » 06労働 » 【産経抄】山梨市長の給料、市民は一円たりとも払いたくない 8月9日(1/2 … – 産経ニュース
06労働, 現金給与総額 コメントはまだありません

 歌人の石川啄木は、26年間の短い人生のなかで、何度も友人知人から借金して踏み倒している。借金の総額は、今の貨幣価値で2千万円にものぼるそうだ。その啄木は、「憲政の神様」と称され、金権政治とも無縁だった尾崎行雄を敬愛してやまなかった。

 ▼「手が白く 且(か)つ大(だい)なりき 非凡なる人といはるる男に会ひしに」。啄木が、東京市長を務めていた尾崎と面会して詠んだ歌といわれている。その伝で行くと、山梨県山梨市の望月清賢(せいき)市長(70)の手は、真っ黒である。

 ▼警視庁捜査2課による逮捕は、小紙のスクープだった。職員採用試験にあたり、特定の受験者の点数を水増しした疑いがもたれている。捜査2課は、望月容疑者と採用された受験者との間の金銭の授受についても調べている。

 ▼今年6月には、知人から現金をだましとったとして、石材会社社長の元妻(61)が逮捕されている。経営が行き詰まっていた会社は、もともと望月容疑者が父親から引き継いだ会社だった。望月容疑者は「人当たりがいい」と評される一方で、市政関係者の間では、多額の借金が話題になっていた。

続きを読む

コメントを残す