求人倍率1.71倍 依然高水準 ハローワーク石巻 – 石巻日日新聞

Home » 06労働 » 求人倍率1.71倍 依然高水準 ハローワーク石巻 – 石巻日日新聞
06労働, 有効求人倍率 コメントはまだありません



10日からひとり親就労相談

石巻市 政治・経済 石巻日日新聞 8月9日(水) 14時58分 配信

 ハローワーク石巻はこのほど6月分の雇用情勢を発表した。求職者1人あたりの求人数を示す有効求人倍率は1.71倍で、前月比0.ポイント増加し、大和(1.75倍)に次ぎ県内で2番目に高い値となった。

 石巻管内の6月の有効求人数は5216人(前年同月比141人減)。これに対し有効求職者数は3056人で、震災前の平成23年2月と比べ約1300人少ないなど減少傾向が続く。人手不足が目立つのは、建設、土木関連や製造、福祉(看護、保育、介護)。なかでも建設、土木関係は有効求人864人に対し、有効求職174人となり、倍率は4.97倍となっている。

 また、新規求人倍率は2.65倍と前年同月を0.49倍ポイント上回り、依然として2倍台を維持。新規求人数は2079人と前年同月比240人増となり、新規求職者数は786人(同比64人減)だった。

 なお、ハローワーク石巻では、みやぎひとり親就労サポート事業に伴う臨時窓口を設置。8月は児童扶養手当の現況届を提出する時期のため、石巻市と東松島市に臨時窓口を置き、ひとり親家庭の就労に関する相談を行う。石巻市では10、18日午前10時―午後3時に市役所内の子育て支援課に設置。東松島市役所では、24日午前10時―午後3時に設ける。

最終更新:8月9日(水) 14時58分





コメントを残す