「医師の過重労働改善に一石を」原告側 – m3.com (登録)

Home » 06労働 » 「医師の過重労働改善に一石を」原告側 – m3.com (登録)
06労働, 所定外労働時間 コメントはまだありません




医師の未払い時間外手当訴訟、最高裁で弁論

2017年6月10日 水谷悠(m3.com編集部)


神奈川県内の民間病院に勤務していた医師が勤務先に対し、未払いの時間外労働に対する割増賃金(時間外手当)の支払いを求めた訴訟の弁論が6月9日、最高裁第2小法廷で開かれた。原告側代理人の新井隆弁護士は、一審横浜地裁と二審東京高裁判決で認定された、時間外手当が年俸に含まれる旨の原告と被告病院との間の合意自体の有効性が争点であると指摘した上で、「医師の過重労働改善に一石を投じるべく、医療現場の実態を踏まえた判断を求める」と述べ、医師の訴えを退けた一審、二審判決の変更を求めた。一方、被告側代理人の最所義一…

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事



コメントを残す